人と街とモノをツナゲル つながる図鑑

ひとの想い

ストールのL・E・O。兵庫県より久留米に初登場!岩田屋久留米店にて期間限定販売。

期間限定 | 2017.12/20[水] − 2017.12/26[火]

この度12月26日までの1週間、岩田屋久留米店本館にて期間限定販売で登場中のストールのブランド【L・E・O】は、兵庫県西脇市より久留米に初登場のブランドです。

その地方では200年以上の歴史を誇る先染め綿織物の「播州織」が有名。

今、その播州織が職人の高齢化もあり、引きつぐものが少なくなっている。

歴史ある播州織の文化を再び活気づけたいと、6年前に立ち上げられたのが、こちらのブランド、【L・E・O】なのです。

L リード ・ E エディース ・ O オリジン

「根源を引きだして導く」産業復興の意を込めて作られました。

その立ち上げを今は引退された師匠である職人に提案し、今では自らがデザイナーとなって機を織る職人となったこちらの小泉さん

Tシャツ生地を織ることからストール生地を織るように展開。

そして、3年前に師匠引退時に日本でも数台しかないヴィンテージ物の機織機を受け継ぎもう一人のスタッフと共に作品を作り出しています。

その工程は、素材選びから。染め→織り→製品になるまで全てを自社で手掛けています。

気になるその商品のストールですが、綿100%。

機械織でない、50年前から大切に使われてきたヴィンテージ物の織機で織り込んでいくことにより、

軽さ風合い肌触りが違ってきます

こちらは綿+ウールを織り込んだもの。

縦糸が綿、横糸がウールと織り込んでいくことで、色の出方が変わってきます。またプリントと違い、光沢感が出ます。

そのため、一点物に等しい。

写真から光沢感伝わるでしょうか?

最新の織機と比べると織るスピードは10分の1のスピード。そのため、1日にできるストールの数は6~7枚となります。

1点1点丁寧に手織りで織り上げられていく、それだけに貴重なストールとなります。

お値段は、

🌸 綿 8,000+税 ~

🌸 綿+ウール 12,000円+税 ~

となっています。

最後にデザイナーの小泉さんより一言いただきました。

「触ってみて巻いてみていただきたい。従来のストールの違いをぜひ実感してみてください。」

そのクールな外見とは違い、熱い思いをもって日々産業復興に励む、播州織デザイナーであり、職人である、小泉さんは、期間限定の12月26日まで毎日いらっしゃいます。

この時季クリスマスプレゼントに、またご自身のご褒美にもいかがでしょうか?

この機会にぜひ、岩田屋久留米店 本館1階 婦人雑貨コーナーまでおでかけください。

文・写真:福田なぎさ

商品のお取り扱い場所

岩田屋 久留米店 本館1階
●婦人雑貨

岩田屋久留米店フロアマップを見る(新しいタブが開きます)

 

 

この記事へコメント

Facebookにログインすると記事へコメントできます