人と街とモノをツナゲル つながる図鑑

ひとの想い

久留米シティプラザで開催! ダンスと演劇の舞台 " ピカイチ! " 梅棒が開催されます。

期間限定 | 2017.07/08[土] − 2017.07/09[日]

久留米シティプラザで開催! ダンスと演劇の舞台

   ” ピカイチ! ” 梅棒が開催されます。

 

 

◆久留米公演 概要

■会場:久留米シティプラザ ザ・グランドホール  
■公演日程:2017年7月8日(土)・7月9日(日)

  7月 8(土)13:00から 7月 9(日)18:00から

J-POPや懐メロなどのヒット曲にのせ、ダンスでストーリーを展開する新たなエンタテインメントを提案するダンスチーム。「ダンス×演劇」という独自のスタイルでダンスコンテストに挑戦し、数々の賞を受賞。

近年では劇場での公演を中心に活動。演劇、ダンス、音楽ファンなど、様々なエンタメ好きに好評を博し、年間10,000人以上の動員を記録する。振付家集団としても活動。話題のTVドラマやミュージカル、LIVEの振付を行い、業界各所からの注目度も急上昇中!

  今作「ピカイチ!」は豪華ゲストを迎えた、梅棒公演初の学園モノ。
学園で巻き起こる事件を、熱くバカバカしくお届け。
梅雨も吹き飛ぶ爽快な、ダンス×演劇×J-POPの化学反応をとくとご覧あれ!!

What’s 梅棒(うめぼう)!?
踊りは気持ちだ!をコンセプトとして2001年に日本大学藝術学部ダンスサークル『BAKUの会(現:Dance Company BAKU)』内で結成。

ストーリー性の有る演劇的な世界観をジャズダンスとJ-POPで創り上げる、エンタテインメント集団。「多くのお客様が感情移入し、共感、感動できるパフォーマンス」を信条に、「劇場型ダンスエンタテインメント」を提供。

2009年にはストリートダンス界最大のコンテスト『JAPAN DANCE DELIGHT vol.16』にて特別賞受賞という ジャズを用いたダンスチームでは前例のない偉業を成し遂げる。2012年には国内最大の振付作品コンテスト『Legend Tokyo chapter.2』にて圧倒的な得票で優勝を飾り,日本一の称号を手にする。同年、振付日本一の称号を手に行った、第1回公演『スタンス』はBIG TREE THEATER全9ステージが満員札止めに。

2014年1~2月に行った第2回公演『ウチの親父が最強』は東京芸術劇場 シアターイーストを16ステージ、HEP HALLを7ステージ、全23ステージを前売り完売とし、同年4月にはPARCO劇場へ進出。同年11月より、世田谷パブリックシアターを皮切りに、東京・大阪・福岡の3都市を巡る第3回公演『男なら、やってやれ!!』を上演、2014年の年間動員10,000人を達成。2015年8~9月には俳優座劇場・ABCホールにて梅棒メンバーのみで行われる第4回公演『クロス ジンジャー ハリケーン』を上演。

2016年1月、吉祥寺シアターにて第5回公演『OMG/風桶』2作品を約20日間にわたり上演、連日追加席が出るほどの大盛況。同年10月には、東京グローブ座・森ノ宮ピロティホールにて第6回公演『GLOVER』を上演、各所からの評価に加え、最高の動員数を記録する。

ダンス×演劇×J-POP、エンタテインメントの現在を進化させ続ける、注目の団体。

 

梅棒公式ホームページはこちら http://umebou.daa.jp/7th_pikaichi/

◆MOVIE

梅棒 × 千葉涼平(w-inds.)コメント動画が届きました!意気込みや見どころなどをチェック!
https://youtu.be/sltog91mQfM

◆CAST

伊藤今人:梅棒のリーダー。「観る人の心を動かすのは技術ではなくハートだ!」という信念に沿って、梅棒創設時から作品を作り続ける「梅棒の頭脳」俳優、演出家、MCとして活動。100以上の舞台に出演、GreeeenのLIVEツアーを始めイベント、LIVE、舞台様々な振付や演出を手がける。

飯野高拓:カメラマン。現在フリーランスで活動。雑誌、企業広告、ファッションなど、主にポート レートを中心に撮影。パフォーマーとして、アリーナツアー帯同経験あり。ダンスと写真の二足のわらじを履きこなす。

鶴野輝一:日本大学芸術学部演劇学科理論評論コース中退。 在学中から梅棒として活動。梅棒では第二世代にあたる。ゆずアリーナツアー「LAND」「新世界」のパフォーマー。ダンスサークルのコーチ、インストラクター。数々のダンスナンバーなどを出展。

遠山晶司:日本大学芸術学部演劇学科演技コース中退。梅棒第二世代。大学在学時より劇団に所属し舞台俳優として活動をする。またクラウニングを学ぶためフランスに留学する経験を持つ。 梅棒に限らず舞台ではコメディー色の強い役柄を演じることが多い。

遠藤 誠:日本大学芸術学部在学中に梅棒に加入。ジャパンアクションエンタープライズにてアクション俳優として活動しつつ、近年梅棒の活動に復帰。主な出演作として、ミュージカル忍たま乱太郎、戦国BASARA、ミュージカル薄桜鬼など多くの2.5次元作品に出演。

その他のキャスト

 塩野拓矢、櫻井竜彦、楢木和也、天野一輝、野田裕貴、

◆GUEST

千葉涼平(w-inds.):‘84年11月18 日生まれ、北海道出身。2001年にダンスボーカルユニットw-inds. のリーダーとしてデビュー。以降、日本のみならずアジア全域に活躍の場を広げ国内外で数々の賞を受賞。ソロとしては’10年にダンス&ライブイベント『UNITED ~VISION DANCE FESTA ~」を発起。ダンスへの造詣は深い。ブレイクダンスをはじめ様々なジャンルのダンスを踊りこなすマルチな才能を見せている。

吉川 友:1992年5月1日生まれ、茨城県出身。ハロー!プロジェクトの研修課程を経て、2011年ソロデビュー。抜群の歌唱力とユーモア溢れる巧みなトークで、海外イベントにも積極的に参加(過去7カ国17回)。5月24日には11枚目のシングル「さよなら、スタンダード」を発売。舞台やドラマ、グラビアなどにも精力的に挑戦している。

YOU:18歳から本格的にプロダンサーを目指し、’08年ニューヨークへ留学。帰国後、ダンサーとして様々な舞台に出演、現在はアーティーストMay’nのバックダンサーとしても活動中のほか、インストラクター・振付師としても活躍。梅棒の舞台には今作で6作目の出演、振付協力も兼務し、もはや公演成功には必要不可欠な存在。

パイレーツオブマチョビアン:過去の梅棒公演『ウチの親父が最強』『男なら、やってやれ!!』にゲスト出演、名前のインパクトに違わぬ強烈な個性で観客の目を釘付けにした華麗なる破天荒肉体派ダンサー。珍妙な変態的オネェキャラを押し出すステージ面と、確かな技術を評価され振付師として活躍する裏方面を両立させる、ダンス界の奥深き異端児。

suzuyaka(Red Print):幼少期からバレエやJAZZ を始め、その後HIPHOPやLatinと幅を広げ、現在は都内や地方でのshowや舞台出演、インストラクター、振付師、ライブや舞台の演出を手掛けている。主な振付アーティストは青山テルマ、倖田來未、9nine、Acid Black Cherry など。

 その他のゲスト
一色洋平、KENZO MASUDA (GANMI/X’RATED CREW)、MOMOCA(LUCIFER)、魚地菜緒、後藤健流

◆STAFF

作・総合演出:伊藤今人(梅棒)
振付・監修:梅棒

振付協力:YOU
殺陣振付:遠藤 誠(梅棒)
音楽監督・楽曲提供:monologue
美術:二村周作
照明:影山雄一
音響:大木裕介
衣裳:生田志織
ヘアメイク:小林雄美
映像:石田 肇/横山 翼
写真:飯野高拓(梅棒)
演出助手:入倉麻美
舞台監督:林 和宏

アシスタント:稲葉麻由子/早瀬さくら/岩崎響子
トレーナー:木村剛人(ファミリー整骨院)
宣伝美術:家常善光(hoocica)
宣伝スタイリスト:ゴウダアツコ
宣伝ヘアメイク:平野仁美
HP制作:メテオデザイン
票券:ぴあ/インタースペース
制作:髙山みなみ
制作助手:飯島有紗
制作協力:レッド・カーペット
プロデューサー:
 薮内 知利(ぴあ)
 川田裕二(ぴあ)
 高田 陽平(ニッポン放送)
 北原 ヨリ子(レッドカーペット)

主催:Zeppブルーシアター六本木運営委員会/ぴあ/ニッポン放送/梅棒
企画・製作:梅棒

■会場

久留米シティプラザ ザ・グランドホール ≫ http://kurumecityplaza.jp/pages/access

福岡県久留米市六ツ門町8-1  

■公演日程

7月 8(土)13:00から
7月 9(日)18:00から

◆福岡公演 チケット情報

■チケット一般発売:

  5月13日 (土)チケット一般発売開始! お申し込みはお早めに!!

■チケット料金:

  ※全席指定・税込 ※未就学児童入場不可
    ・一般指定席:6,800円
    ・ユース席:3,000円(18歳以下限定/当日指定席/入場時に身分証明書提示要)
  ※ユース席は、一部ステージや演出が見えづらいお席になる場合がございます。
   予めご了承のうえ、お買い求めください。

■チケットに関するお問い合わせ:
   ピクニックチケットセンター 050-3539-8330(平日11:00~17:00)

福岡公演 チケットお取り扱い

■チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/umebou/
・0570-02-9999(Pコード:457-795)
・チケットぴあ、セブン-イレブン店内『マルチコピー機』、
 サークルK・サンクス店内『Kステーション』にて直接購入

■ローソンチケット:http://l-tike.com/umebo
・0570-084-008(Lコード:83625)
・ローソン、ミニストップ店内Loppiにて直接購入

■イープラス:http://eplus.jp/umebou/
・ファミリーマート設置『Famiポート』にて直接購入

■ピクニックチケットセンター:http://www.picnic-net.com/
・050-3539-8330(平日11:00~17:00)

■久留米シティプラザ:http://kurumecityplaza.jp/pages/ticket
・窓口販売 久留米シティプラザ2階総合受付(10:00~19:00)

■主催:
久留米シティプラザ(久留米市)/RKB毎日放送/ぴあ/ピクニック/チケットぴあ九州

■票券:ピクニックチケットセンター

この記事へコメント

Facebookにログインすると記事へコメントできます