人と街とモノをツナゲル つながる図鑑

ひとの想い

親子で香育体験イベント 岩田屋久留米店屋上SORAIRO広場にて開催!

5月の風に乗って香ってきたのはジャスミンの香りでした。

植物が芽吹く5月。
ソライロ広場では『親子で香育体験イベント』が開催されます。

 

香育

香育ってみなさんご存知ですか??
木の幹の香り、葉っぱの香り、土の香り、花の香り、、、
私たちの身の回りにはたくさんの植物の香りが溢れています。
植物によって香りの個性があることや、香りを嗅いだときの気持ちが違うことを体験し、人と香り、人と植物の関わりについて学びます。

ソライロ広場で開催される香育体験イベント。
 子どもたちに向けた“香りの体験教室”を開催される財津園美さんを今回ご紹介します。

香りデザイナーとして日々活躍してある財津さん。
その原点は、フィニッシングスクール インフィニでの“好きなことを伝える”場で“香水”について発表したことでした。
常々何かしたいな、自分のやりたいことってなんだろうと思っていたという財津さん。
特にこれといって得意なこともない私が出来ることってなんだろう、と思っていたとおっしゃいます。

香水について調べ、ふれていくうちに『香水調合』は難しいけれど『伝える』ことは出来るのではないか、やってみたいなと思ったそうです。

東京で香水の勉強をしているときにアロマテラピーと出逢いました
仕事をしながらアロマテラピーを学び、香水、アロマ、和の香りを『伝える』人になろうと決意。
ちょうど10年前のことです。
しかし資格を取得してもすぐにお仕事!ともいかなかったそう。
資格取得から3年間は、辛かったと当時を振り返る財津さん。
なんで仕事を辞めたのだろう、と自己嫌悪に陥ったり、どうすれば香りを伝える人としてやっていけるのだろう、と悩んだりもしたそうです。
でも、その3年間があったからこそ今がある!と自信を持って言えます、と教えてくれました。

とことんアロマライフを送った3年間でもありました。ハーブの勉強もしたそうです。
その3年間の経験が自信となり、今現在のお仕事へと繋がっているそうです。
辛いことや苦労もしたけれど、あっという間の10年。短かったなという財津さん。
たくさんの方との出逢い、そして支えがあったから出来たことだとも教えてくれました。

小学校で香育の出張授業を始めて7年。
きっかけは、アロマテラピー教室に参加されていた小学校の先生でした。
その先生とのご縁は今もなお続いています。

2017 親子で香育体験イベント
『カラフルな色とアロマのバスソルトつくり』

5月21日(日)14時00分~15時00分
参加費:1組1セット800円(バスソルト2個目からは600円)
定員:10組さま(先着10組の方にはミニハーブ栽培キットのプレゼントがあります。)

親子で香りを楽しんで欲しい。
その時は、ただ“楽しい”だけかもしれないけど、心の中に、そして記憶に残るイベントにしたいと。
小学校で香育授業をしていて、子どもたちの集中力、好奇心旺盛な姿には毎回驚きを感じているとも教えてくれました。
だからこそ子どもたちに自然の恵みを体感し、知って欲しいとおっしゃる財津さん。
大人になったとき、ふとした瞬間に植物の香りの偉大さを思い出してくれるといいですね。

『香りが繋ぐ縁』

一期一会という言葉がありますが、香りにふれていると特に『今』を大切にしたいと思います。
同じ植物の香りでも、育った土地、その年、その日、気候によって香りは常に変わります。
『今』ここにいる人たちと、一緒に香っている香りは『この時』しか感じられません。
そう思うと、この時間、この空間を共に過ごしている方との縁を大切にしたいと思うんですと教えてくれました。

あぁ、いい香り
心地よい香り

それを共感できる時間や空間、そして仲間がいるって本当に幸せですね。

これからの夢について聞いてみると、エッセイ付きのレシピ本を出してみたいと教えてくれました。
また今年から本格的にスタートした和の香り教室。
アロマに比べて、種類が少ない和の香りですがとてもとても奥深く、アロマとは違った魅力や楽しみがあるそう。
アロマも和の香りでもやっぱり『ブレンド』が好き!とおっしゃる財津さん。
10年前見つけたかった“好き”が確かに今へと繋がっていました。
これからも、財津さんのブレンドする素敵な香りがみなさんの元へ届けられていくことでしょう。

株式会社オフィスマロウブルー
代表取締役 財津 園美
 https://www.mallow-blue.com/index.html

文・写真:國武 ゆかり

この記事へコメント

Facebookにログインすると記事へコメントできます