人と街とモノをツナゲル つながる図鑑

ひとの想い

【ほとめき男子図鑑】番外編!新久留米市4町の魅力

 

街のほとめき男子図鑑 番外編

 

平成17年2月5日、久留米市、田主丸町、北野町、城島町及び三潴町が合併し

『新久留米市』が誕生しました。

北に筑後川を、南に耳納連山を望み、人口30万人の中核市となりました。

今回お届けするほとめき男子は、そんな12年前にバージョンアップした新久留米市を代表し、4町を一気にご紹介しちゃう番外編!

久留米市内の各総合支所にお勤めのほとめき男子4名をお届けします。

久留米市内各総合支所を代表する“ほとめき人”に、合併後の町の変化、イチオシの町のおすすめポイント、そしてほとめき人が想い描く“ 町の未来”についてお聞きしました!

 

田主丸

【図鑑No.番外編】
久留米市田主丸総合支所 環境建設課  
主査 重松 確(しげまつ かたし)

【発掘エリア】(ここに来たら会えます)
久留米市田主丸総合支所
久留米市田主丸町田主丸459-1

【年齢】48歳

【血液型】B型

【身長】179㎝

【マイブーム】イカ釣り

道を広げることに命をかける

合併後に大きく変化したことといったら『上下水道』整備が進みました。

全国三大産地に数えられる植木苗木の生産地“田主丸”
巨峰ぶどう発祥の地です。

耳納山と筑後川に挟まれ、まちのいたる所に緑の 圃場(ほじょう)が広がっています。

町民みなさん気さくで、自分たちの利益よりも“この町をよりよくしたい”という思いを持った人が多いんです!

住民のみなさんの笑顔のために、暮らしやすい町のために重松さんが出来ることとは・・

「道を広げることに命をかける!」
「人を集めるために、道を広げる」

住民の皆さまに納得してもらえるように、ほとめき魂を忘れないと誇らしそうな重松さんはとても眩しかったです。

田主丸総合支所に勤務して6年。

そろそろ移動なのかなぁ〜!とおっしゃる重松さん。

どこの勤務地になっても、重松さんのこの想いはきっと繋いでいかれることでしょう。

 

 

 

北野

【図鑑No.番外編】
久留米市北野総合支所 地域振興課  
浅野 翔之介(あさの しょうのすけ)

【発掘エリア】(ここに来たら会えます)
久留米市北野総合支所
久留米市北野町中3245-3

【年齢】28歳

【血液型】B型

【身長】172㎝

【自分を動物に例えると?】ゴリラ

働きやすい環境をつくるのが僕の役目

北野総合支所勤務になってまだ1年の浅野さん。

新久留米市が誕生した平成17年はまだ高校生だったそうです。

ここ北野町もまた合併後『上下水道』整備が進みました。

北野総合支所に勤めはじめて、ほどよい田舎感の北野町がどんどん好きになりました!

地域振興課の職員として僕が出来ること。

北野総合支所の各課が地域のみなさんの為に仕事しやすいように、

そして、地域振興課のみなさんが働きやすい環境をつくるのが僕の役目なのかな!

地域振興課のゴリラです!笑  と茶目っ気たっぷり自己紹介してくれた浅野さんですが、自分自身の役割を教えてくれる姿は、ヒーローのように輝いていました。

きっとこれから数年後、ここ北野町にとって頼もしい存在なられること実感しました。

 

 

城島町

【図鑑No.番外編】
久留米市城島総合支所 環境建設課  
富松 寛幸(とみまつ ひろゆき)

【発掘エリア】(ここに来たら会えます)
久留米市城島総合支所
久留米市城島町楢津743-2

【年齢】30 歳

【血液型】A型

【身長】176㎝

【趣味】サッカー

伝え返していきたい

合併後インフラ整備が進み、道路整備が進んだ城島町。

瓦作り、和傘作りなど伝統工芸なども盛んな町です。

そんな城島で働く、富松さんが込める思いはただ1つ。

『返していく』

建築業にお勤めだった富松さん。5年前に転職し、すぐ城島総合支所に配属になりました。

お世話になっている業者の方や、地元住民のみなさんとの繋がりを大切にしながら“城島町”のためにインフラをより整備していきたい。

城島総合支所勤務になって5年目。

まだまだ仕事の実績を残した!とは言えませんが、自分がここで学んだこと、お世話になったことを後輩たちに、伝え返していきたい。

地元のために僕だから出来ること。

インフラ整備というカタチで返していきたい。

能力を磨き、勉強して日々努力を重ねているそう。

城島の伝統が、富松さんの想いが受け継がれていく城島町の未来が楽しみですね。

 

三潴町

【図鑑No.番外編】
久留米市三潴総合支所 環境建設課  
内藤 昭彦(ないとう あきひこ)

【発掘エリア】(ここに来たら会えます)
久留米市三潴総合支所
久留米市三潴町玉満2779-1

【年齢】35歳

【血液型】AB型

【身長】171㎝

【マイブーム】ゴルフ

住民のみなさんの目線

合併して12年。人口が17,000人に増えた三潴町。

いち早く農業基盤の整備に取り組み、多くの農作物を生産しています。

『あまおう』も特産物だとみなさん知ってましたか?

庭園観賞用の『みづまの松』も有名です。

三潴総合支所に勤務して3年の内藤さん。

三潴町ってどんな町ですか??と尋ねると、

迷うことなく「人付き合いが根付いている町」と教えてれました。

三潴町に新しく引っ越してきた人たちを、元々住んでいる地域住民のみなさんが歓迎する。

自治会によっては引っ越し祝いに、お米をプレゼントされるそうです。

『地域で、まち全体で、人を歓迎する』

内藤さんから、町のあたたかさを、そして住民のみなさんの温もりを感じました。

 

「市役所目線に立った取り組みではなく、市民の皆さんの立場に立ち、

皆さんの目線を持ちつつ、僕なりに出来る役割を果たしていきたい」

 

ここで働く人も、住んでいる人も、訪れる人も“このまちが好き”
そう思える三潴町になれたら素敵ですね!と内藤さんは爽やかな暖かい笑顔を見せてくれました。

 

 

田主丸町、北野町、城島町、三潴町、

それぞれの町の魅力ある自然、歴史、伝統、人とが一体となった久留米市。

まだまだ知らない久留米の魅力が、たくさん溢れています。

5年後、10年後の久留米の“街”を、“人”を、“モノ”をこれからもつながる図鑑では見つめていきたいと思います。

*主丸総合支所
久留米市田主丸町田主丸459-1

久留米市北野総合支所
久留米市北野町中3245-3

*久留米市城島総合支所
久留米市城島町楢津743-2

久留米市三潴総合支所
久留米市三潴町玉満2779-1

企画・文:國武ゆかり
写真・編集:中村路子

この記事へコメント

Facebookにログインすると記事へコメントできます