人と街とモノをツナゲル つながる図鑑

ひとの想い

GoodNews!久留米市顕彰表彰。中島重人さん。

 

img_6824

ありがとうの20年

ゴミ拾いを始めて20年。現在34歳。

決断から始まった20年という時間が久留米の歴史に刻まれました。

つながる図鑑でも幾度となく取材させていただいた中島重人さん。

2016年。久留米市顕彰表彰を受賞されました。

image

小学生頃から

中島さんの小学生時代の作文。


 

ぼくの夢は、自然を研究し、守っていく人になりたいです。

わけは、21世紀になるにつれて、緑や自然がどんどん消えていくと思ったからです。

それでぼくは、自然や緑を研究し守っていく人になりたいと思いました。

 


 

この頃から中島さんの中に芽生えた環境課題への想いが

今、こうして人々を笑顔にし、社会に価値を見出し、継続していくことの強さを、ここ久留米市で証明してくださいました。

15049547_1269162653133963_911170255_n

中島重人さんからのメッセージ

ご報告

〜久留米市顕彰表彰受賞しました~

この度2016年度の久留米市顕彰表彰にて、この20年間筑後川を中心に行ってきた環境活動を評価して頂き、久留米市長より表彰して頂きました。

産まれた街、久留米の街並みをバックに、記念撮影。感慨深いものがありました。

20年、あっという間でしたとは言えないかな。やっぱり長かった。

「つながる図鑑」ではこの20年を2回に渡って特集して頂きました。
改めて振り返ると、僕にとってのゴミ拾い活動は、ゴミを拾い、ご縁を拾い、未来を拾い、人生を豊かにしてくれたかけがえのないものだったんだなと、改めて感じています。

テレビや新聞を見ると、心が哀しくなるニュースが沢山流れてる。明るいニュースって、あんまり無いですよね。

でも、せっかく生きているなら未来志向で希望を持てる、そんな思いを描きながら何事も進んでいきたい。
まちづくり、ゴミ拾いに携わる事で、そんな未来志向の人達と沢山出会い、想いが「わ」を広げていく事の素晴らしさを感じました

そんな原動力が任意団体「Good News」の名前が産まれたきっかけにも繋がっています。

僕は決して生きるのが上手な方ではありませんでした。

何度も何度も転んだし、格好よくなんて生きられないけど、幾つになってもこうやって、活動を続けられているのは、活動を支えて頂いた皆様のおかげです。ありがとうございます。

小さな小さな誇りを胸に、強くなれた気がしています。

今まで活動を支えてくれた皆さん、本当にありがとうございます!年齢を重ねるごとに忙しくなって、出来ない理由は沢山見つかりますけど、流されないように、心醒めないように今後も楽しみながら活動やっていきたいと思います!

中島重人

img_6854

久留米市役所の市長室で行われた表彰式の後に、岩田屋久留米店の屋上ソライロ広場にお越しいただきました。

大きな賞状と盾。久留米市の久留米絣がモチーフについた袋を持ち、中島さんの素敵な笑顔と出逢わせていただきました。

聞けば聞くほど、中島さんの若いエネルギーと謙虚心に心を惹かれていきました。

簡単な言葉では言い表すことは出来ない程の、この20年。

この久留米市民であることに誇りを持てる中島さんの受賞だと感じました。

img_6862

GoodNewsラジオ

2016年秋より、筑後川にこだわったインターネットラジオ 「未来へのGood News」を開始されました。

筑後川流域で活躍する面白い人達や様々な物語が紹介されています。 

久留米市の代名詞でもある筑後川をみんなで愛し守っていくためにもまずはこのラジオで知ってもらいたいと思います!

ラジオ第1回目 こちらをクリック

ラジオ第2回目 こちらをクリック

Good News HP こちらをクリック 

image

GoodNews記事

久留米のイイモノ、素敵な人、宝の場所などをお届けしているつながる図鑑では、以前からgoodnewsの活動を取り上げさせていただいていました。

次世代に繋ぐ、現状を知る、遊び楽しむ方法で発信してきたgoodnewsの歴史もご一緒にご覧ください!

 

■筑後川の未来を作る【Good News】しげちゃんの大作戦!

■【それはもうGood News!】筑後川でニッコリ、ゴミ拾い♪

■ゴミ拾い活動で二十年。筑後川はキレイになっていく。【Good News前編】

■新しい筑後川の歴史が始まる。オシャレなゴミ拾い20年。【Good News後編】

image

3人の可愛いお子様のパパでもある中島さん。

この子達が大きくなる頃、この社会環境の変化はどのように進化しているのでしょうか。

私達が今出来ること。伝えていけること。つくっていけること。

この街の中でみんなが繋がり始める時代が来たかのようにも思います。

これからも続くGoodNews中島重人の夢。筑後川で学び遊ぶ企画も続きます。

goodnewsホームページ→http://www.make-goodnews.com/

 

この記事へコメント

Facebookにログインすると記事へコメントできます