人と街とモノをツナゲル つながる図鑑

ひとの想い

「荒茶」「蔵びらき緑茶」の特徴と日本茶インストラクターのお話

岩田屋久留米店、本館地下1階「熊谷光玉園」には日本茶インストラクターの資格を持った店員さんが居ます。
こちらが、日本茶インストラクターの梅野厚子さん。

img_7036

日本茶インストラクターと日本茶文化

現在17期生まで続いている日本茶インストラクター。資格が出来た当時と比べて、お茶を取り巻く環境は変わっているようです。

梅野「最近は海外に日本茶文化を伝えようとする方が多く、輸出にも力を入れています。とても熱心に学んで資格を取る海外の方もいらっしゃいます。『YOUは何しに日本へ?』というテレビ番組でも紹介されていました。」

14年前に3期生として資格を取得された梅野さん。当時は核家族化でお茶を飲む機会が減ったり、茶離れの傾向にありました。
ペットボトル入りのお茶が売り出され、ありふれた飲み物の一つになりつつあった中で、日本茶の文化を伝えたいと思い、インストラクターを目指したそうです。

img_7042

福岡県初の日本茶インストラクター

当時、福岡県では初の日本茶インストラクターとなった梅野さん。西日本新聞の「ぽしぇっと」に紹介されたり、NHK番組の1コーナーでお茶の講座をもったりと活躍されました。

そして今に至るまで、岩田屋久留米店の地下で日本茶インストラクターとしていらっしゃいます。

蔵びらき緑茶

最初にいただいたお茶、『蔵びらき緑茶』は旨味がぎっしり、後を引くおいしさです。

img_7026

『蔵びらき緑茶』って何ですか?

梅野「お茶の葉は一年に一度しか摘みません。4月から5月に穫れる一番茶(新茶)を保存したものなので、新茶と似ています。昔は蔵の中で保存していましたが、今はマイナス25度の冷凍庫で寝かせることで、熟成させて旨味が増しています。」

梅野さんのお気に入り「お茶の光玉園 番茶」

img_7045
熊谷光玉園 番茶 200gパック 756円(税込)

そしてこちら、番茶は梅野さんの一番のお気に入り。毎日飲んでも飽きない味。いつもおいしさが堪能できるそうです。

『茶葉の違いが見える』お茶のショーケース

「こういうショーケースにお茶の葉が入ってるの珍しいでしょ?昔はどこでもこうだったのよ」と梅野さん。

img_7061

茶葉の大きさを見て買われるお客様には、こうして中身の見えるショーケースがが喜ばれるそうです。

梅野さんおすすめの『荒茶』(あらちゃ)って何ですか?

img_7037
熊谷光玉園 荒茶 100g 648円(税込)

梅野「一般的にお茶を作るとき、まずは『蒸す』、そして葉を揉んで柔らかくすることを何度も繰り返し、それから『乾燥』させます。一般の緑茶はそこから火を入れたり選別・ブレンドしていきますが、荒茶は乾燥までの工程で止めるので、そのままのお茶の味が楽しめます」

こちらは飲むと甘味があり、さっぱりとした後味でした。

ティーパックのお茶も人気

湯飲みに入れてそのまま使えるティーパック。急須の手入れがちょっと…という方に人気だそうです。

img_7048
玉露・煎茶・抹茶入り玄米茶など、ティーパックの種類も豊富。

お茶の淹れかたより大切にしたいもの

私が「淹れ方が難しそうで、なかなか自分で買うことがないんですよ…」と話している時、玉露を良く購入されるというお客様がご来店。

img_7064
「玉露 天翠 1,080円」「玉露 天恵 1,620円」「玉露 天寿 2,160円」「玉露 天鳳 3,240円」(各税込)

「娘たちも好きだから贈ってあげようと思ってね。」と話されるお客様に
「玉露は最適な温度とか難しいイメージがありますが、気をつけて淹れられているんですか?」と伺ってみました。

「普通に熱いお湯で飲んでいますよ。娘や孫たちが来ると一緒に飲んだり、食事でも普通に飲んでますよ。ほんとにここの玉露が美味しくてね…」

そう話すお客様に、梅野さんもにっこり。

『もっとお茶を楽しんでほしい』という思い

「お茶は正しく淹れて飲むともちろんおいしいけれど、普段から楽しんで飲んでくださる方がいるから、家族にも自然にお茶を飲む習慣が引き継がれていく。それは嬉しいことです。」

「どうしたら、より沢山の人が急須でお茶を飲むようになると思う?このお茶の文化をここからでも伝えていきたい」と話す梅野さん。

お茶に一途な思いを持つ素敵な梅野さん。元気いっぱいで、お話しもとても楽しいです。
一度、梅野さんと一緒にお茶の文化を見直してみませんか?

玉露以外のお茶は、試飲もできます。

img_7047
茶葉だけではなく、飴や玉露を使った羊かんなどもあります。

文・写真:福田なぎさ

商品のお取り扱い場所

岩田屋 久留米店 本館地下1階

食料品売り場

岩田屋久留米店フロアマップを見る(新しいタブが開きます)

この記事へコメント

Facebookにログインすると記事へコメントできます