人と街とモノをツナゲル つながる図鑑

ライフスタイル

絨毯で暮らしを彩る。秋を楽しむインテリア

秋になると、ひんやりとしたフローリングに温かい絨毯が欲しくなります。
お部屋の中の大きな面積を占める絨毯は、お部屋の雰囲気を決める重要な場所。
夏から秋への模様替え、まずはマットから始めてみませんか?

モリスグラスでは、今年の秋のおすすめはベルギー産のモダールマットです。
美しい光沢を放つこちらのマットは、モダールマットの中でも最高級品と言われています。
モダールマットは1㎡に何回糸を打ち込んでいるかで等級が決まります。
今までは、125万ノットの打ち込みが最高級品といわれていましたが、
今回新しく発売されたものは、150万ノットという、今までにない数の打ち込みがされているので、
きめ細やかな模様、繊細なデザインが手に取る人を惹きつけます。

こちらは色違いのデザインですが、色が変わるだけで、雰囲気ががらりと変わります。
見る角度によって、光沢の具合や色彩の鮮やかさが変わるので
お部屋の中でも様々な表情を楽しめます。
ペルシャ絨毯のデザインを基にしたモダールマット。
華やかなデザインに加え、機械織で作られているのでとても丈夫で、長い期間愛用することが出来ます。
独特の光沢は、ブナの木を原料にしているモダール生地だからこそ味わえる輝き。
柔らさと深みのあるモダールマットは、北欧調の家具には温かみを添え、
シンプルなお部屋のアクセントとして、たくさんの方に喜ばれています。

こちらは佐賀県発祥の緞通です。華やかな文様が魅力で、インテリアのアクセントとして
多くの方に親しまれています。
こちらのタイプは50㎝×50㎝サイズで、ソファなどに敷いて使われます。
ひんやりとするレザータイプのソファに、温かいマットがあると嬉しいですね。

ベージュの他にも、赤、抹茶、ブルーがあります。鮮やかな色彩が秋のインテリアに
華を添えてくれます。
床に直接、座布団のようにして使うことも出来ます。
緞通は、本来は毛足が長いのが特徴ですが、こちらのマットは、お尻に敷くことを
目的にしている為、丈夫で長持ちするようにと3倍の密度の織が施されています。

今回、岩田屋久留米店では、ダイニングシート用に通常サイズよりも
一回り小さい45㎝×45㎝、40㎝×40㎝サイズを店頭に取り揃えています。
サイズを小さくすることで、中心に柄が大きく入り、
より大胆でインパクトのあるデザインになっています。

椅子においてみると、ちょうど良いサイズです。
値段もお手頃なので、まずはこちらのタイプから挑戦してみるのもいいですね。
ご自宅のインテリアのサイズに合わせて、オーダーすることも可能です。
1枚からオーダー可能なので、ご購入をお考えの際は、是非相談してみてくださいね。
岩田屋久留米店では、絨毯に詳しいスタッフの方が、絨毯の選び方、お手入れの仕方など
様々なアドバイスをいただけるのも心強いです。
目で見て実際に触れてみて、上質な絨毯の手触りを知ると、他との違いもはっきりと分かり、
魅力に引き込まれていきました。
上質なインテリアに囲まれて過ごす日常。ぜひ体験しに足を運んでみてくださいね。

写真・文/鎌田 光保

商品のお取り扱い場所

岩田屋 久留米店 新館3階
リビング売り場

岩田屋久留米店フロアマップを見る(新しいタブが開きます)

この記事へコメント

Facebookにログインすると記事へコメントできます