人と街とモノをツナゲル つながる図鑑

グルメ

夏は美味しくカレーを食べよう!|岩田屋久留米店

いよいよ、夏本番!暑いと食欲も減退気味になりますが、匂いが漂うと途端に食欲がそそられる食べ物といえば!

そう、カレーライスですね。

岩田屋久留米店のお客様でカレー好きな方が楽しみにしている場所をご存知ですか?

本館地下一階の上りエスカレーターのところにそのコーナーはあります。

カレールウやレトルトカレーがこのコーナーに所狭しと多様に揃っていました。

早速、店長さんに人気の商品を聞いてきました。

まずは、レトルトからの紹介です。

全て1人前です。

何といってもダントツの人気なのは、こちらの宮島醤油『佐賀県産和牛カレー』です。                        180gで810円(税込)  

やわらかい赤身にサシ(霜降りが入った優れた牛肉を使用しています。まろやかで程よい甘味に癖になる方も多いようで、おひとりでまとめ買いされる方もいらっしゃるとか。

次におすすめは店長がはじめは珍しいなと手に取られ、意外にもその食べ合わせが美味しかったと実感されたこちらです

レインボー食品『広島名産 かきカレー』です。            200g 540円(税込)

大粒でもなく小ぶりでもなく丁度良い大きさのカキが数粒入っており、カレーとの相性が抜群だということ。こちらも食べてみたいですね。

また、7月に入ってきた新商品はこちらです。

麻布十番シリーズでカレーは3種類あります。全て内容量 200gです。

野菜カレー  519円・ ビーフカレー  594円・        バターチキンカレー540円     (いずれも税込価格)

更にカレー以外にもハヤシやビーフストロガノフなど全部で麻布十番シリーズは7種類あります。

こちらも新商品ということで購入される方も多いそうです。

続いて、私が気になったカレーがありました。

MCC『消防隊カレー  神戸の消防隊員が愛する味』です。                  200gで391円(税込)

神戸市消防学校とMCCがコラボした商品ということで、防災について考えるきっかけになればという思いで作られたそうです。

味はニンニクとショウガが効いています。男性がまた好みそうですね。

また、その消防隊カレーのお隣にありました。金曜日はカレーの日といえば…そう海軍カレーですね。

海の上は曜日の感覚が分からなくなるということで金曜日にカレーを食べることでその感覚を保っているそうです。

ヤチヨ『よこすか海軍カレー』200gで381円(税込)

海軍カレーと名乗るには一定の厳しい基準があります。明治41年の海軍割烹術参考書の「カレイライス」レシピを素に食べやすく復元したものがこの商品です。こちらもぜひ食べてみたい!

他にも東京はカレーパンで有名な新宿中村屋からでています、

『インドカリー』もおすすめです。

また、MCC『100時間シリーズ』のカレーも好評です。    200gで430円(税込)

ギフト解体の時にはこちらがひとつのものが、3つまとめて1,080円になって販売されます。おひとりで4セット購入される方もいらっしゃる程セール時は狙い目です。もちろん、普段でも間違いない美味しさです。

次にカレールウで気になりました、

こちらは水牛食品から『精進カレールウ』です。             120gで389円(税込)

《精進料理を見倣ってカレールウを作りました。
お仕事に、ご家庭に、勉学に、あらゆる場面で努力精進をしているご修行中の貴方の為に、お手軽に精進料理が作れるカレールウです。
動物性原料、五葷(ごくん)(にんにく、ねぎ、にら、玉ねぎ、らっきょうの臭いの強い原料)を使わず、米粉(シャリパウダー)と米油で作ったカレールウです。
薫り高い香辛料を厳選した独自ブレンドのカレー粉を使用しております。》               (以上ホームページより引用)

材料はこんにゃく、にんじん、たけのこ、れんこん、ごぼうと書いていました。こちらも作ってみたい…いや、食べてみたいですね(笑)

ルウは他にも並んでいました。

また、カレーライスだけでなく、タンドリーチキンを作るのにおすすめがありました。

昔からなじみある赤い缶に入ったエスビー食品『赤缶カレー粉』です。                              37gで357円(税込)

《1923年、エスビー食品の創業者・山崎峯次郎は日本で初めてカレー粉の製造に成功しました。そして戦後、復興のエネルギーを肌に感じながら世に送り出したのが、赤缶カレー粉です。三十数種類のスパイスを絶妙な比率でブレンドし、焙煎、熟成などのプロセスを経て長きにわたって皆様のもとに届けられました。どこの家庭やお店のキッチンにある赤い缶のカレー粉は、日本のカレー文化の基本を作ってきました。これからもカレーの他、野菜炒めやマヨネーズに混ぜて使うなど色々工夫して料理をおいしく演出するお手伝いをしていきます。》(以上ホームページより引用)

一から手作りしたいけど、でもどうしたら…のあなたには、

朝岡スパイス『特性カレー粉』がおすすめです。             300g 1,620円(税込)

分量がちょうどよくリピーターの方も多いそうです。

この量で使い切って10皿分あります。

 大袋が多い方には小瓶もあります。下写真中央の85g入り 864円(税込)
 

他にも朝岡スパイス・ギャバン・ハウスからも多種のスパイスやハーブが並んでいました。

早速今夜のご飯にいかがですか?今日は木曜日、明日金曜日は海上自衛隊はカレーを食べる日ですね。

この機会に金曜はカレーの日と設けたらいかがでしょう!多くの主婦の方にとってメニューがきまっていることほど、嬉しいことはない。

なんて言ってしまうと怒られそうですが、改めて取材中、それもいいな、密かに思ったのでした。

カレーにサラダを添えて、心身元気にこの夏を乗り越えましょう!

自分で一から作るのも良し、たまにはレトルトを愉しむのも良し!ぜひ、岩田屋久留米店本館地下一階食料品コーナーまでお越しください!

文・写真:福田なぎさ

商品のお取り扱い場所

岩田屋 久留米店 本館地下1階

食料品コーナー

岩田屋久留米店フロアマップを見る(新しいタブが開きます)

 

この記事へコメント

Facebookにログインすると記事へコメントできます