人と街とモノをツナゲル つながる図鑑

グルメ

クラフトビールや冷酒で夏を愉しむ|岩田屋久留米店

もうすぐ梅雨明け、本格的な夏に突入ということで 夏に美味しいお酒を岩田屋久留米店で探しました。

本館地階にありますお酒のコーナーにあるクラフトビールと冷酒のご紹介です。

ふと、クラフトビールって何だろう、、と調べてみました。

『「クラフトビール(Craft Beer)」とは、小規模なビール醸造所でビール職人が精魂込めて造っているビールです。ビール職人が造り出す高品質なビールを「手工芸品(Craft)」に例えて、クラフトビールと呼びます。』

日本の小規模生産ビールの歴史

日本では、1994年にビールの酒税法が改正され、最低製造数量が2000キロリットルから60キロリットルへと規制緩和が行われました。これによって、全国に4大メーカー以外の小規模なビール製造会社が誕生しました。いわゆる地ビールブームです。

しかし、いくつかの理由により、地ビールブームは沈静化していきました。

  • ・ 醸造技術が未熟で高い品質が維持できなかった。
  • ・ 価格が品質に比べて高かった。
  • ・ 町おこしが主目的となり、品質がなおざりにされた。

このように、日本の小規模生産ビールは、「地ビール」という名前で、いったんはブームとなったものの、「観光地の高くて美味しくないビール」というマイナスのイメージを持たせてしまうことに。

地ビールからクラフトビールへ

しかし、2004年頃を底として、小規模生産ビールは徐々に売り上げアップをしていきます。品質を重視したビール造りに、小規模生産ビールは、確実に復権してきました。品質を重視して、ビール職人が手塩にかけて造るビールを、「クラフトビール(Craft Beer)」と呼ばれています。

以上、http://craftbeer-tokyo.info/より引用させていただきました。

と日本のクラフトビールの歴史を振り返ったところですが、

今回ご紹介するのは、イタリア産のクラフトビール4種類です。

いずれもホップが入っていて、ビールというより発泡酒ですが、いずれもおいしくおすすめだそうです。

まずは、

<ピッラダマーレ> ビフエル (330ml)   908円(税込)

こちらは、白ワインとビールをブレンドしたものです。香りがフルーティで、フレッシュで軽やかな味わい、ワインの様に愉しめ、食前酒にも最適です。

続いて、

<ピッラダマーレ>ラ・ツィア・アーレ (330ml)  821円(税込)

大麦麦芽とローマの特産品であるアーティーチョークとローズマリーがベースになっています。ハーブの苦みと香りが引き立ちます。肉料理と相性抜群です。

お次は 

<ピッダラマーレ> ダンメニーパ (330ml)  821円(税込)です。

フローラルでスパイシーな香りと、しっかりとした苦みが特徴で、油を使った料理や辛い料理、スパイスを利かせた料理と合います。

ラベルイラストのおじいちゃん顔が葉巻の代わりにホップをくわえているのがまた印象的ですね。

最後は<ピッダラマーレ> ショック (330ml) 832円(税込)です。

カルダモンにコリアンダー、オレンジピール、クローブ等を使ったフレーバー豊かな発泡酒です。複雑な味わいの中から現れるスパイシーさと心地よい苦みが魅力で女性にもおすすめです。赤身の肉やチーズとよく合います。

特にこちらとおじいちゃん顔のラベルのダンメニーパは、若い男性に人気だそうですよ。

ビールも個性を味わう時代、あなたはどのクラフトビールを選びますか?

最後に日本からは地元八女の冷酒を紹介です。

夏限定「喜多屋」夏酒   純米吟醸 (720ml)  1,458円(税込)

軽やかな香りと切れの良い風味を引きだしました。冷酒で冷たくしてお飲みください。ウナギのかば焼きのようなこってりとした料理にもぴったりです。

「お隣のコーナーはちょうど、ウナギ三昧のコーナーができております。合わせてぜひお求めください。」とはスタッフさん。

また、以前にも紹介しました、久留米大学酒もお土産に人気だそうです。大学出身の方同士がここでつながるご縁もあるようです。素敵ですね。

夏を愉しむお供にいかがですか?

いよいよ夏本番!この夏、クラフトビールや夏限定の冷酒でお楽しみくださいね。

文・写真:福田なぎさ

商品のお取り扱い場所

岩田屋 久留米店 本館地階

和洋酒コーナー

岩田屋久留米店フロアマップを見る(新しいタブが開きます)

 

 

 

この記事へコメント

Facebookにログインすると記事へコメントできます