人と街とモノをツナゲル つながる図鑑

グルメ

お気に入りが見つかる、岩田屋久留米店のバレンタインチョコ

この時期になると、気になるバレンタインチョコ。
男性にプレゼントするだけでなく、友チョコ、自分用チョコなど
たくさんの種類があって、選ぶだけでもとっても楽しいです。

岩田屋久留米店で、今年おすすめのバレンタインチョコをご紹介します。

今回伺った和洋菓子のバイヤーでいらっしゃる
小柳さん一押しがこちらのチョコ。

岩田屋久留米店初登場のベルナシオンの「タブレット・マンディアンプラス」です。
マンディアンとは、托鉢修道士の意味の色にちなんで出来たチョコ。
通常はコイン型をしているものが多いのですが、
こちらは板型になっていてボリューム満点。
ピーカンナッツやオレンジピールなど、様々なトッピングの味と食感が
楽しめます。

こちらは「イブ・チュリエス」のトリロジーショコラです。
ゴールドのチャームが印象的です。
大小2つのサイズがあり、ブレスレットやバッグのチャームとして使えます。
食べた後も楽しめるチョコは、自分用にいかがでしょうか?

ここからは福岡発のチョコレートをご紹介。
こちらは薬院に本店がある16区のトリュフです。
1つずつ違った色のチョコは、どれから食べるか迷ってしまいます。

鮮やかなパッケージが目を引くこちらは福岡市南区にあるキャラメル専門店、
キャラメランジュのガナッシュチョコです。
口どけの良いガナッシュとキャラメルの絶妙な味を楽しめます。

こちらは岩田屋久留米店初出店、
「ガトー・ド・ボア」のココットフレーズです。

奈良県にあるこちらの名店では
チョコレート好きにはたまらない、スプーンですくって食べる生チョコが大人気。
ホワイトチョコに苺の程よい酸味がブレンドして、
あっという間に完食してしまいそうです。

こちらはトシ・ヨロイヅカのショコラバタースコッチです。
口に入れた瞬間にとろける生チョコは一度食べたらやめられないおいしさ。
スタイリッシュなパッケージは、男性へのプレゼントにもぴったりです。

お子様へのプレゼントには、見た目もかわいいチョコはいかがでしょうか?
タンタンとゴンチャロフのコラボで生まれたチョコレート。
スティックチョコや、薄板型のチョコはお子様も大好きなミルクチョコレート。
友チョコにもぴったりです。

売り場には、たくさんのチョコレートが並んでいて、
どれにするか悩んでしまいます。
プレゼントする相手を思い浮かべながら選ぶチョコ。
自分のために選ぶチョコ。
お気に入りのチョコレートを探しに足を運んでみませんか?

写真・文/鎌田 光保

商品のお取り扱い場所

岩田屋 久留米店 新館1階

和・洋菓子売り場

岩田屋久留米店フロアマップを見る(新しいタブが開きます)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へコメント

Facebookにログインすると記事へコメントできます