人と街とモノをツナゲル つながる図鑑

グルメ

2016年ボジョレーヌーボー解禁しました

ワインのお好きな方はもちろん、普段あまりワインを飲まない方でも
一度は聞いたことのあるボジョレーヌーボー。

img_7067

ボジョレーヌーボーと言っても、様々な醸造元があり、
売り場に行っても、どれを選んでいいか迷ってしまいます。

今年の解禁日は11月17日(木)(例年;11月の第3木曜日)

早速味わってみたい、ということで売り場へ足を運んでみました。

日照時間によって、ブドウの酸度が変わるボジョレーヌーボー。
今年は天候に恵まれ、旨味が凝縮されたものになっています。
フレッシュさの中にも滑らかな味わいが楽しめるのが
今年の特徴です。

img_7075

今年一番のお勧めは「メゾン・ケルラン」です。
減薬農法で栽培された葡萄を使い、果実の豊かな香りと酸味、
フレーバーが絶妙なバランスで味わえます。

img_7076

タータンチェックのラベルのデザインも目を引きます。
伊勢丹系列での限定発売なので、ボジョレー好きの方はぜひ一度
味わってみてくださいね。

img_7074

「セニョーリ・ダルセロ」と言われるこちらのボジョレーは
ボトルカラーが輝くレッドとゴールドで売り場でも一段と目を引きます。
パーティーや贈り物にぴったりです。

img_7073

和洋どちらのお料理にも合い、
しっかりとした味わいは、アペリティフ(食前酒)としても喜ばれています。

クリスマスパーティーや、お歳暮などで購入していく方も
多いとのことでした。

img_7081

ご夫婦や一人住まいで、ボトル1本は多すぎると感じる方には
ハーフボトルも充実しています。

こちらの「ジャン・カリヨン」は有機栽培し、十分に熟成した葡萄を
使用しています。
希少性の高い、ほのかなサクランボのような香りと爽やかな酸味が特徴です。

ワインをいつもフレッシュな状態で楽しみたい、そんな方の中には
ハーフサイズをまとめて買って行かれる方も多いそうです。

フランスのボジョレー地区で生産される新しい(ヌーボー)ワインと
いうことで、親しまれているボジョレーヌーボー。
最大の特徴は、通常の船便と違い、フランスから空輸で運ばれてくるという事です。
フランスと同じ時期に、フレッシュな味わいを楽しめるという事。

フランスの風を感じながら、今年もボジョレーヌーボーで
食事を楽しんでみませんか?

写真・文/鎌田 光保

商品のお取り扱い場所

岩田屋 久留米店 本館地階
和洋酒売り場

岩田屋久留米店フロアマップを見る(新しいタブが開きます)

この記事へコメント

Facebookにログインすると記事へコメントできます