人と街とモノをツナゲル つながる図鑑

ファミリー

久留米のシンボル慈母大観音像。成田山久留米分院

九州を縦断する国道3号線の久留米の出口、八女市との境となる上津町にそれはそびえ立ちます。

成田山久留米分院内で久留米の人々を優しく見守ってくださっている慈母大観音像様は高さ62m。

その高さと愛に溢れた表情で、地元の人々はもちろん観光客をも惹きつけています。

 

像の内部は螺旋階段で肩の部分まで登ることができます。

展望孔から望む景色は圧巻。

筑後平野や有明海が見渡せ、観音様の視界を体感することができます。

 

展望孔に辿り着く前も、広い成田山の敷地内は見所がたくさん。

存在感ある建物が点在しており、境内を歩く道のりを飽きさせません。

 

駐車場からすぐ、まず交通安全祈願所があり、こちらで車のお祓いや交通安全のお守りを授けてくださいます。

その横の手洗い場を抜けると大階段。

この季節は周囲の緑も美しく大理石に反射します。

一段一段歩を進めていくと、身が清められパワーを得られる感覚になるのが不思議です。

 

登りきった所に本堂。

併設されている成田山幼稚園の園舎が現在建て替え工事中により、境内の中の施設で保育活動中。

日中は子ども達のかわいい笑い声が響きます。

対面には諸札授与所。

数多くのお守りが並べられ、御本尊・不動明王のご利益が得られます。

観音様がそのまま小さくなった像もあり、久留米マニアの方は必見!

 

本堂の裏にも駐車場と休憩所があり、こちらでも緑の癒しを感じることができます。

園児たちが裏山と呼ぶこのスペースは、季節毎に昆虫や植物などを探す冒険の場所。

お参り以外でも憩いの場所として成田山を楽しむことができます。

九州最大級の大霊場と言われる成田山久留米分院は実は慈愛と自然に満ちた場所。

昭和33年に開山されて以来、久留米内外から愛されそして久留米を見守っている観音様に会いに、ぜひ成田山を参拝されてみてください。

 

 

文・写真:中江香織

 

この記事へコメント

Facebookにログインすると記事へコメントできます