人と街とモノをツナゲル つながる図鑑

ファミリー

NuRIEで親子三代が夢中!広がるぬりえの世界

期間限定 | 2017.04/26[水] − 2017.05/09[火]

あたたかくなってくるこの時期、レジャーなどで外出する機会が多くなるのではないでしょうか。
「たまには家でゆっくりと…」
「今日は雨だから…」
そんな日にぴったりの、家で楽しめるグッズはいかがでしょう?

お子様からおじいちゃんおばあちゃんまで親子三代で盛り上がることができるぬりえが登場!
その名もNuRIE(ヌーリエ)。

4月26日から5月9日まで岩田屋久留米店本館7階玩具売り場で販売とワークショップが開催されているヌーリエはとにかく大きいぬりえ。

熨斗袋やレターセットなどの紙製品事業で有名なマルアイと、ポップでアバンギャルドなデザインで数多くの企業やアニメとコラボレーションしているSwimmy Design Labが作り上げたこのヌーリエは、可愛いイラストがたくさん詰め込まれており、もちろん白黒のまま飾ってもオシャレですが、家族みんなでワイワイ塗るのがやはり楽しい!

サイズは1,189mm×841mmと、家族全員で同時にペイントしても広々な大きさです。
日本、東京、富士山など様々なテーマで描かれたイラストは、ぬりえを楽しみながら勉強もできてしまう優れもの。


おすすめはこちらのNuRIE roll(ヌーリエロール)。
コンパクトな箱から2,280mmものロングなぬりえが出てきます。
塗り終わったら廊下にインテリアとして飾れば、1枚でずっと楽しめますね。
パッケージがダンボール製というのもスタイリッシュ。

ワークショップでは誰でもヌーリエを体験することができます。
会場に色鉛筆、サインペン、クレヨンが用意されており、お好きな動物を選んでペイント。
訪れた人々でひとつの超大作を作り上げていくので、5月9日の最終日にどのような作品になっているのか、まだ誰にもわかりません。

カラフルな画材を見ると大人でもワクワクしますね。
夢の世界が無限に広がっていくようで、どんどん塗りたくなります。

すでにペイントしてあった一部を見せていただきました。

愛らしい黄色い顔と羽にピンクのボディー、そしてレンガの家を連想させる巣で親鳥の帰りを待つヒナ達。
色のチョイスでこんなにも個性的になるのがぬりえの魅力です。

取材時に記者が塗らせていただいた1枚はアザラシ。


実際には有り得ない色を、自分のイマジネーションでイラストの上に乗せていく快感と楽しさは、言葉で表現するのは難しい!
ぜひ実物をご覧になっていただきたいと思います。


 想像力が膨らみ、家族のコミュニケーションの時間にもなるヌーリエは岩田屋久留米店本館7階玩具売り場で体験することができます。
アートなゴールデンウィーク。
きっと素敵な時間になることでしょう。

商品のお取り扱い場所

岩田屋 久留米店 本館7階

玩具売り場

岩田屋久留米店フロアマップを見る(新しいタブが開きます)
文・写真:中江香織

この記事へコメント

Facebookにログインすると記事へコメントできます