人と街とモノをツナゲル つながる図鑑

ファミリー

寒い冬に大切な赤ちゃんに着せてあげたい。スリーパー特集です!

img_7446

今回、まずはスリーパーを紹介してくれたのは

aden + anais(エイデン アンド アネイ)

img_7433

 

エイデンアンドアネイ といえば、知っている人は知っている「ミノムシみたいにまくおくるみ」

2006年にオーストラリア生まれのレーガン・モヤジョーンズが立ち上げた

モスリンコットン製(縦糸と横糸を優しく丁寧に平織したもの)のおくるみブランドです。

通気性に優れ、ふんわりと柔らかい肌触りで、安心して赤ちゃんに使用できる。

空気のように柔らかいモスリンコットンは洗うほどに風合いが増し、お肌に優しくなじむそう。

通気性と温度調節にも優れ、赤ちゃんはいつも快適に過ごせるそう。

この生地を用いたスリーパーは厚手薄手の2種類ありました。

オールシーズン使えるとのこと。

img_7427

赤ちゃんは寝るとき毛布を蹴ったり、はだけたり、顔にもかかってしまったりしますよね。

風邪をひかないようにも他社とこのエイデンアンドアネイの違うところは

足元までふさいでいるということ。

そのため熱が抜けないので暖かい。

寝袋のように使ってもよい。

モスリンコットンは洗えば洗うほどなじむコットン、加えてガーゼ特有の温度調節ができる。

寒い冬にさらに安心のアイテムですね。

img_7429

柄も多数あります。

カタログから。

img_7430

まずは、厚手のスリーパーです。

柄は現在7種類あります。

お値段は 5,500円(税別)です。

 

薄手は柄は12種類。

お値段は 3.800円(税別)

img_7431

サイズは S  ~6か月向け

     M  6~12か月向け

     L  12~18か月向け  があります。

お布団代わりにも使えるそうです。

img_7434

ラッピングの箱を上からみると、厚手と薄手物の差がこんなにも。

オールシーズンといえど、寒さ厳しいときは厚手を使って、暑い夏に薄手を使うといいですね。

 

続いてお隣にある【赤ちゃんの城】からです。

img_7447

赤ちゃんの城については先日の記事に紹介もございますので、

こちらをご覧ください。

赤ちゃんの城では

多種類の素材のスリーパーがありました。

一つ目は人気の今治のタオル地のもの。

img_7437

0から2歳用

カラーは3色。

本体価格 4,900円(税別)

2つ目はフリース地。img_7442

右側のフリースに至っては別のお色がピンクとアイボリーもあります。

0歳から3歳まで。

本体価格は 6,000円(税別)

お次は

img_7439

中がダウン90%とフェザー10%の入ったもの。

価格は 11,000円(税別)

こちらは防寒にも一押しですね!

0歳から4歳までです。

img_7443

こちらはキルティング地。

価格は 9,000円(税込)

最後にツーウェイスリーパー

img_7444

価格は  4,900円(税別)

色違いでピンクもありましたよ。

以上でスリーパー特集紹介を終わります。

形も色々素材も色々。

ぜひ手に取ってごらんになりに行ってみてくださいませ!

 

岩田屋久留米店本館6階

   aden + anqis (エイデンアンドアネイ)

   赤ちゃんの城

文・写真:福田なぎさ

商品のお取り扱い場所

岩田屋 久留米店 本館6階

ベビー用品コーナー

岩田屋久留米店フロアマップを見る(新しいタブが開きます)

 

 

この記事へコメント

Facebookにログインすると記事へコメントできます